燃費はどのくらいが妥当なのか?答えます

 
自動車の燃費って気になることがありますよね。自分の車ってどれくらいの燃費なのか知らない人も要るはずです。

まずどのくらいの燃費だと良いのでしょうか?答えはありませんが妥当だな思うところはあります。

それは15キロ以上でしょう。リッターあたりです。これを超えてくると上出来ではないでしょうか?

何か少ないよなと思った人多数?


燃費が15KM/Lは少ないんじゃないかと思う方も多いでしょうね。
最近でうと30KM/Lを大きく超えるような車種が増えていますからね。

しかしそれはJC08モード燃費ですから全く当てになりません。日本政府はその測り方が重要、それを偽れば燃費偽装だと言っていますが、そもそもJC08モード燃費は全く違う数値なので信じている人がいません。カタログ燃費だからとかそういうふうにいう人もいます。

しかしそんな測り方をして問題ないとする国の姿勢が大問題でしょう。現状ではガソリンを使って走る車で
30KM/Lを超えるような車はこの世に存在していません。電気自動車とハイブリッドの混合車なら超えることが可能なのかもしれません。

しかし純粋にハイブリッド車であっても30KM/Lを超える車がないんですよね。

プリウスも超えないです


これも有名な話ですが、プリウスが最高燃費ですが超えません。残念ですねが全く届きもしません、30KM/Lに。

実燃費という言い方は非常におかしいのですが、実際の燃費を実燃費と呼んでいます。これは20KM/Lくらいが最高レベルです、今でも。

ですから15KM/Lの実燃費だと良い方だと言えるでしょう。それを理解できれば自分の車が燃費がどのくらいか分かるはずです。

燃費が悪い車とは?


燃費が悪い車は10KM/L行かない車でしょう。これは悪いですね。すぐガソリンが減ってしまって燃料メーターがきになる車です。

人によっては半分以上入っていないと不安だという人もいますよね。私もそうなんですが燃費が悪い車だと何回も給油しに行きそうです。給油しにいくのはそんな面倒ではないですが冬とかは寒いし大変かなあと思いますね。こういう時は燃費が良い車が助かります。暖房も使いますしそういう意味では冬に燃費が良い車だと助かるでしょう。夏は特に関係ないかなと思います。クーラーをつけていれば外に出ても怖くありません。ただその分、夏冬は燃料のヘリは高いです。クーラーでも地味にヘリが早くなるので気をつけましょう。

ガス欠で苦しむのはあなた?


ガス欠は案外あることです。給油を忘れていたとなるとやってしまいがちです。

忙しい時は忘れる場合もありますよね。そんな時はJAFです。ガソリンを持ってきてくれます。
あとは自動車保険でロードサービスがある場合は緊急の時に利用できる保険もありますね。

そういう時は積極的につかうべきです。

車買取 石川